homeロゴinfoロゴcastロゴdvdロゴneoロゴ
今は昔。
黄瀬(おうせ)の城の城主がある国を治めていた。
が、黄瀬の政(まつりごと)に異を唱える者たちが現れ黄瀬は分裂した。
そこから新たな政を目指す者たち、来栖党(くりすとう)が結成され、更に双方の主張に反発する者たち、無反党(むはんとう)が立ち上がる。
こうして天下は三分され、小競り合いしつつも、三者が相互に牽制する事によって世は一応の平和を保っていた。
そんな中、新興勢力 無反党の暴走に手を焼く来栖党の許へ、黄瀬の城が落ちたという報せが届く。
黄瀬の姫、紅葉姫を密かに三分天下の外「対岸の民」の土地へ逃がす為だという。
しかし何故、今、姫を逃がす必要があるのか? 何故、城が落ちたのか?
怪しむ来栖党だが、城を出た紅葉姫を手中に収め、三分している天下を二分し一気に無反党を叩く好機とみて紅葉姫探索に乗り出す。
一方、それを知った無反党もまた紅葉姫争奪に名乗りを上げる。
果たして紅葉姫は無事「対岸の民」の土地へ辿り着けるのか?
哀れなほど小さな、その「天下」を巡ってケモノたちの命が躍動する。